小林宏明・宮本昌子・吉田麻衣(2015)吃音のある小学生の学校生活に関する実態調査(1)先生やクラスメイトなどの態度や対応. 日本特殊教育学会第53回大会抄録集, 99.

  • 日時
    • 2015年9月20日(木)10:00〜12:00
  • 会場
    • 東北大学北川内キャンパス(宮城県仙台市)
  • 発表形態
    • ポスター発表(P11-18)
  • 発表の概要
    • 国際生活機能分類(ICF)に基づく吃音のある小学生の活動・参加及び環境調査用紙作成の一環として、吃音のある小学生を対象に、小学校生活に関する実態調査の第一報として、先生やクラスメイトなどの態度や対応(環境)の結果を報告した。対象は、言語障害通級指導教室や大学、病院で通級指導や教育相談、言語聴覚療法を受けている吃音のある小学生 73 名だった。対象児の中には、学級担任から、しんどいことの相談や発表等のしかたを考えるなどの吃音の困り感に対す る支援を受けている者が比較的多くいた。また、学年が上 がるにつれ、クラスの人に説明(担任)やまね・からかい を注意(クラスメイト)を受ける者が多くなる傾向が見られた。その一方、吃音の話し方の注意、あるいはまねやからかいを受けているものは少なかった。さらに、対象児と の接し方について、最後まで話を聞くとの回答も多かった。これらは、対象児の中に良好な配慮や支援を受けている者 が少なくないことを示唆するものである。ただし、対象児 との接し方については、ゆっくり話すとの回答は少なかったことなどから、今後、吃音のある子どもとの接し方などについての啓発をより進めていく必要があると考えられる。

2015-09-20 09.22.50

「吃音・難聴・読み書き障害の子へのICFに基づく個別指導」が発刊されました

 

吃音・難聴・読み書き障害の子へのICFに基づく個別指導書影

 

この度、「吃音・難聴・読み書き障害の子へのICFに基づく個別指導」というタイトルの著書を出版しました。この本は、ノートルダム清心女子大学の青山新吾先生が代表編集されている「特別支援教育ONEテーマブック」の7冊目となります。

 

続きを読む

「『よくする介護』を実践するためのICFの理解と活用」を読みました

よくする介護を実践するためのICFの理解と活用書影

 

 

「『よくする介護』を実践するためのICFの理解と活用 目標試行的介護に立って」を読みました。この本は、国際生活機能分類(ICF)の研究の第一人者の大川弥生先生がご執筆された介護職の方向けに書かれたICFに基づく介護の在り方について述べられたものです。介護職の方を対象に書かれた本ではありますが、ICFの理念や設立経緯、活用の方法などについて、簡潔に分かりやすく述べられており、介護職以外の方がICFがどういうものであるかを学ぶ際にも役に立つのではないかと思います。

 

続きを読む

小林宏明(2012)吃音がある小児の国際生活機能分類(ICF)に基づく実態調査. 第57回日本音声言語医学会総会・学術講演会. 演題番号46.

  • 日時
    • 2012年10月28日
  • 場所
    • 大阪府大阪市・大阪国際交流センター
  • 概要
    • 吃音がある小児の包括的・総合的評価バッテリー開発のための基礎資料を得る目的で、ICFに基づく吃音がある小児の実態調査を行った。対象は、吃音がある小児78名について臨床担当者に、A 活動・参加、B 吃音、C 発達と情動、D 環境からなる82項目の質問紙をについて、5段階(A、D)または4段階(B、C)の回答を求めた。その結果、(1)Aの活動・参加で困難が大きいと回答があった項目は比較的少ない。(2)情緒・情動面の項目の問題が大きいこどもが比較的多い、(3)Bの心理面の項目の一部に年齢との有意な正の相関がみられる、(3)共分散構造分析の結果、Aを活動参加要因、B〜Dを活動・参加影響要因と捉えるモデルにおいて、高い適合性が得られた。