小林宏明(2015)特別支援教育における 言語・コミュニケーション障害がある子どもの教育の今. 第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会 シンポジウム1 司会.

  • 日時
    • 5月10日(土)14:45〜16:45
  • 会場
    • 金沢大学宝町キャンパス十全講堂大ホール(石川県金沢市)
  • 司会
    • 小林 宏明( 金沢大学 )
  • シンポジスト(ご発表順)
    • 通じ合っている実感を追い求めて
      • ノートルダム清心女子大学 青山 新吾 先生
    • 特別支援学校の地域支援の立場から、子ども・保護者・担任を支援する
      • 広島市立広島特別支援学校 地域支援部 堀川 淳子 先生
    • 子どもへのねがい ~「 人 」を育てる
      • 横浜市立八景小学校 きこえとことばの教室 吉田 麻衣 先生
    • 特別支援教育への言語聴覚士の関与の現状と課題
      • Saya-Saya ことばの教室 松本美代子 先生

「特別支援教育における言語・「コミュニケーション障害がある子どもの教育の今」がコミュニケーション障害学に掲載されました

コミュニケーション障害学32号1巻書影

 

2015年4月に発行されたコミュニケーション障害学第32巻1号に、第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会特集「特別支援教育における言語・コミュニケーション障害がある子どもの教育の今」が掲載されました。

 

続きを読む

第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会シンポジウム「特別支援教育における言語・コミュニケーション障害がある子どもの教育の今」の司会をしました

第40回日本コミュニケーション障害学会

 

2014年5月10日(土)に金沢大学宝町キャンパス(石川県金沢市)で開催された第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会で、「特別支援教育における言語・コミュニケーション障害がある子どもの教育の今」というタイトルのシンポジウムの司会を担当しました。

 

続きを読む

「吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援」が出版されました

20150721

学苑社より、「特別支援教育における吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援」が出版されました。学苑社では、一昨年から「シリーズ きこえとことばの発達の支援」として、「特別支援教育における言語・コミュニケーション・読み書きに困難のある子どもの理解と支援」、「特別支援教育における構音障害のある子どもの理解と支援」を出版しています。この本は、その第3弾として出版されるもので、私と広島大学の川合紀宗先生が編集を担当し、幼児期から学齢期の吃音臨床の第一線で活躍されている先生方がご執筆されています。

 

続きを読む