日本吃音・流暢性障害学会第3回大会に参加しました

20150830_2

 

2015年8月29日(土)・30日(日)に大阪府大阪市の大阪保健医療大学で開催された日本吃音・流暢性障害学会第3回大会に参加しました。

 

続きを読む

「吃音講演会 & 吃音検査法講習会」(2014年11月15日, 広島大学)のご案内

吃音講習会&吃音検査法講習会チラシ

 

広島大学の川合先生が、「吃音講演会 & 吃音検査法講習会」を開催されます。昨年新たに発売された吃音検査法の講習会を中心に、吃音やクラッタリングの評価法について、吃音や流暢性障害の第一線で活躍されている先生方から学ぶことができる貴重な機会と思います。

 

続きを読む

日本吃音・流暢性障害学会ポストコングレスセミナーに参加しました

吃音検査法講習会修了書

 

2014年8月31日(日)に埼玉県さいたま市の目白大学岩槻キャンパスで行われた、日本吃音・流暢性障害学会ポストコングレスセミナーに参加しました。

 

続きを読む

日本吃音・流暢性障害学会シンポジウム1の司会を担当しました

第2回日本吃音・流暢性障害学会イメージ

 

 

2014年8月29日(金)に目白大学で開催された日本吃音・流暢性障害学会第2回大会のシンポジウムI「小児期の吃音-臨床家の実践から多面的・包括的支援の意義を考える-」の司会を担当しました。

 

続きを読む

日本吃音・流暢性障害学会で「吃音のある成人の小学校生活に関する実態調査」というタイトルの学会発表をしました

第2回日本吃音・流暢性障害学会イメージ

 

 

2014年8月29日(土)〜30日(日)に目白大学岩槻キャンパスで開催された日本吃音・流暢性障害学会第2回大会で、「吃音のある成人の小学校生活に関する実態調査」というタイトルの学会発表を行いました。

 

続きを読む

Martine Vanryckeghem 教授講演会が行われました

バンリケゲム教授講演会チラシ

 

 

2014年8月23日(土)(広島大学)、26日(火)(福岡教育大学)、29日(金)(目白大学)の3日間、Central Florida大学のMartine Vanryckeghem(マーティーン・バンリケゲム)教授を講師にお招きし、「Evaluation of speech-related attitude by means of the KiddyCAT, CAT, and BigCAT within a larger Behavior Assessment Battery framework for children and adults who stutter(吃音のある子どもと大人のための包括的な行動アセスメントバッテリーにおける幼児向け、学齢向け、 成人向けコミュニケーション態度テストを用いた発話関連態度の評価) 」というタイトルの講演会が開催されました。

 

続きを読む

小林宏明(2015)小児期の吃音-臨床家の実践から多面的・包括的支援の意義を考える-. 日本吃音・流暢性障害学会第2回大会のシンポジウムI (司会).

  • 日時
    • 2014年8月29日(金)9:30〜11:30
  • 場所
    • 目白大学岩槻キャンパス1号館1101大講義室(大会A会場)
  • 司会
    • 小林宏明(金沢大学人間社会研究域)
  • シンポジスト(敬称略)
    • 吉田雅代(東京都)
    • 原由紀(北里大学医療衛生学部)
    • 仲野里香(医療法人恵光会原病院)
    • 堅田利明(大阪市立総合医療センター)

第1回日本吃音・流暢性障害学会が開催されました

第1回日本吃音・流暢性障害学会

 

 

2013年9月21日(土)、22日(日)と金沢市角間町の金沢大学角間キャンパスで、第1回日本吃音・流暢性障害学会が開催されました。第1回目の学会にもかかわらず、200名を越える皆様のご参加をいただき、盛会の内に終えることができました。

 

続きを読む