第42回日本コミュニケーション障害学会学術講演会に参加しました

IMG_6560

 

2016年5月14日(土)、15日(日)と千葉県千葉市の千葉県文化会館で開催された第42回日本コミュニケーション障害学会学術講演会に参加しました。

 

会場の千葉県文化会館は、千葉県庁近くという千葉市の中心部ありながら、周囲を緑に囲まれた閑静な地区に建っていました。2日とも晴天に恵まれ、初夏を思われる陽気の中、和やかな雰囲気の学会となりました。

 

学会では、口頭発表6題、ポスター発表2題の吃音に関する発表がありました。その中には、成人吃音に関する3題の演題や、吃音に対する一般の方(大学生と保育士)の意識について調べた2題の演題が含まれていました。これまで、吃音に関する演題は幼児や学齢を対象としたものが多く、成人を対象としたものはあまり多くなったと思います。成人に対する演題が多くなった背景には、吃音のある成人の臨床の臨床が各地で行われるようになってきたことがあると思います。また、一般の方の意識について尋ねた研究が行われた背景には、吃音のある人を取り巻く周囲の人への啓発の必要性が広がっていることがあると思います。これらは、いずれも、これまで、あまり行われてこなかった領域であり、吃音研究の内容が広がってきていることの表れであると感じました。

 

また、学会では、吃音及び流暢性障害分科会が主催する「吃音、クラタリング、発達障害 〜重複する症例の評価と支援〜」というタイトルのワークショップも行われました。ことばの教室の先生方とお話ししていると、吃音を主訴に通級しているお子さんの中に発達障害を併せ持つお子さんが多いということをよく伺います。また、クラタリングは、発話速度の不安定さや、語句の繰り返しや発話の言い誤りなど、吃音とは異なる特徴を持つ発話の非流暢性の障害です。クラタリングは、比較的新しい障害概念であることもあり、国内での認知度はあまり高くありませんが、クラタリングを専門に扱う国際学会(International Cluttering Assocaiton; ICA)が設立されるなど海外では高い関心が持たれています。クラタリングは、しばしば吃音や発達障害と合併することが知られており、吃音と発達障害、クラタリングの間には何らかの関連性があるのではないかと示唆されています。分科会では、吃音と発達障害、クラタリングに関する疫学的知見と、発達障害をあわせもつ吃音のあるお子さん、クラタリングがあるお子さんの臨床についての最新の知見が紹介されました。

 

今回の学会でも、新しいこと学ぶワクワクした気持ちや、自分も頑張らなくてはというやる気をいただきました。これらを大切にしながら、明日から新たな気持ちで研究や臨床に取り組んでいきたいと思います。

 

会場の千葉県立文化会館です。晴天に恵まれ、緑がとてもきれいでした。

会場の千葉県立文化会館です。晴天に恵まれ、緑がとてもきれいでした。

 

会場の横に立っていた千葉城です。

会場の横に立っていた千葉城です。

日本コミュニケーション障害学会吃音及び流暢性障害分科会が開催されました

第40回日本コミュニケーション障害学会

 

 

2014年5月10日(土)に金沢大学宝町キャンパス(石川県金沢市)で開催された第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会において、2014年度日本コミュニケーション障害学会吃音及び流暢性障害分科会が開催されました。

 

続きを読む

第39回日本コミュニケーション障害学会学術講演会吃音および流暢性障害研究分科会のワークショップをしました

2013年7月20日(土)〜21日(日)に東京都千代田区の上智大学で開催された第39回日本コミュニケーション障害学会学術講演会で、同学会の吃音および流暢性障害学会研究分科会が開催されました。
日本コミュニケーション障害学会の吃音および流暢性障害分科会は、同学会の会員で吃音がある人の臨床や教育に興味・関心がある方が集まり、学会開催時に行うワークショップを中心とした活動を行っています。今年度の分科会ワークショップは、「吃音のある人の臨床の実際について考える 〜事例報告に基づく検討〜」というタイトルで行われました。

 

続きを読む

コミュニケーション障害学会吃音分科会ワークショップで話題提供をしました

5月12日(土)に県立広島大学三原キャンパス(広島県三原市)で開催された第38回コミュニケーション障害学会学術講演会の吃音及び流暢性障害分科会で、話題提供を行いました。

 

続きを読む

2012 小林宏明(2012)学齢期吃音臨床の実際. 第38回コミュニケーション障害学会学術講演会 吃音及び流暢性障害分科会. 話題提供

  • 日時
    • 2012年5月12日(土)17:00〜18:20
  • 会場
    • 県立大広島大学(広島県三原市)
  • シンポジウム名
    • 吃音におけるクリニカルパスの在り方を考える〜アセスメントと支援をどう結び付けるか〜
  • 講演の概要
    • まず、小林の吃音臨床のベースとなる考え方として、「多要因モデル」、「困り感・ニーズベース」の2つをあげて、その概要を説明した。続いて、実態把握、指導・支援計画立案の私が行っている具体的な方法について、実際に使用している評価用紙などを紹介しながら、その概要を説明した。