吃音の原因と予後

吃音の原因論と予後  

保護者の方の接し方のまずさが、お子さんの吃音の問題の原因ではありません

  • 吃音があるお子さんの保護者の方の中には、「自分の育て方がまずかったから、我が子が吃音になった」と思われ、ご自身を責められている方がいらっしゃるかもしれません。また、他のご家族やご親戚、ご近所の方などから、あなたの育て方のまずさが、お子さんの吃音の原因だというように、指摘されて傷ついていらっしゃる方もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、保護者の接し方のまずさが原因で、お子さんに吃音が生じるわけでは決してありません。 吃音の原因は、まだ完全には解明されていないのですが、恐らくは、お子さんの持っている素因的な要因と、環境の要因がある条件で組み合わさった時に生じるのではないかと考えられます。同じようにメカニズムで生じると考えられているものには、アトピー性皮膚炎や、生活習慣病などが考えられます。例えば、アトピー性皮膚炎の場合は、お子さんの持っている特定の物質(ハウスダストやダニなど)に対する過敏性という素因的な要因と、生活環境の中のこれらの物質の存在という環境の要因が組み合わさった時に出現すると考えられます。また、生活習慣病の場合は、高血圧や糖尿などになりやすい素因的な要因と、食塩や脂肪の多い食事や運動不足といった生活習慣という環境の要因が組み合わさった時に出現すると考えられるのです。
 
  • 吃音の場合、何が素因的な要因で、何が環境的な要因となるのかは、まだ不明のところが多いのが現状です。しかし、これまでの研究の結果からは、素因的な要因としては、言語・認知・運動発達の遅れや偏りや、情緒・情動の不安定さなどがあげられるのではないかと考えれています。また、環境的な要因としては、お子さんの言語・認知・運動発達に比して速すぎたり複雑すぎる周囲の人の発話や生活の様子(たとえば、お子さんの言語発達に比して速すぎたり複雑すぎる発話環境、お子さんの認知・運動発達に比して高度すぎる毎日の生活環境など)や、お子さんの情緒・情動に負担をかける環境(たとえば、お子さんの情緒・情動の状況に比して慌ただしすぎたり、プレッシャーとなる事柄が多い環境など)があげられるのではないかと考えられています。

吃音の原因論と予後の見通し2

吃音の問題は、多くの場合、徐々に軽くなっていきます

  • 吃音の問題は、多くの場合、徐々に軽くなっていきます。特に、幼児期の吃音の場合、少なくとも吃音がある幼児のお子さんの半数のお子さんは、特に特別な指導や支援をしなくても、小学校に入学するぐらいまでに吃音の問題が見られなくなることが知られています(これを自然治癒といいます)。 また、小学校に入って吃音が引き続き見られるお子さんでも、ことばの教室や言語聴覚士の先生方の適切な指導・支援を受けることで、多くの場合、身体の緊張を伴う重い吃音があまり見られなくなったり、吃音が出にくいように身体の緊張をうまくコントロールしながら話す方法を身につけたりして、日常生活の中でそれほど大きな支障なく過ごせるようになるようになります。
 
  • なお、小学校の時期に大きな支障なく過ごせるようになった子どもであっても、思春期となる中学校、高校の時期や、就職活動の時期などに上手く話せないことに悩んだり不安を感じたりする場合があります。しかし、多くの場合、一時的にこのようなことが見られても、これらをうまく乗り越え、吃音に対する不安や悩みは再び軽減し、吃音の言語症状も徐々に軽快化していくと考えられます。