「きつおん」のあるみなさんへのメッセージ

吃音のあるみなさんへメッセージ1  
  • きつおんで なやんでいる みなさんに しってほしいことを 7つの メッセージにまとめました
 

1. きつおんになったのは、みなさんや みなさんの まわりの ひとの せいでは ありません

  • みなさんの なかには、たとえば、「わるい こ だから きつおんに なった」とか、「ちいさい ときに いけないことをした ばつが あたった」などと、おもっている ひとが いるかもしれません。 「あたまが わるいから」、「きが ちいさいから」きつおんに なったと おもっている ひとも いるでしょう。 しかし、このような ことで きつおんに なるわけでは けっして ありません。また、おかあさん、おとうさんを はじめ、みなさんを たいせつに してくれる ひとたちの せいで、きつおんに なったわけでも ありません。
 

2. きつおんは、としを とるについて かるくなっていくことが おおいです

  • きつおんは、としを とるに つれて だんだんと かるくなることが おおいようです。かるくなっていく じきは、ひと それぞれですが、おそくても 30さいぐらいまでには、かるくなることが おおいようです。
  • きつおんが かるくなってくると、つまって こえが でてこないような つらい きつおんが でることが すくなくなります。また、まいにちの せいかつの なかで きつおんのことで あまり いやなおもいを しないですむように なります。
    吃音のある皆さんへのメッセージ2    

3. みなさんは、ひとりぼっちでは ありません

  • みなさんの なかには、ともだちの なかで きつおんが あるのは じぶんだけ というひとが いるのでは ないかと おもいます。そして、きつおんの ことを だれにも いえず、なやんだり、くるしかったり しているかも しれません。
  • しかし、あなたは ひとりぼっちでは ありません。まず、あなたと おなじように おんが ある なかまが おおぜいいます。きつおんがある ひとは、100にんに 1にんぐらい いることが しられています。よく さがしてみると、あなたの かよっている がっこうの なかに、ほかの きつおんが ある ひとが いるかも しれません。
  • また、ことばのきょうしつや 言語聴覚士(げんごちょうかくし)の 先生(せんせい)は、たよりになる こころづよい みかたです。あなたの きつおんが かるくなるように、きつおんの そうだんをきいてくれたり、きつおんが かるくなるための いろいろな ほうほうを おしえてくれたりすると おもいます。
 

4. まず きつ音の ことを よく しることが たいせつです

  • きつおんを かるくするには、まず、きつおんの ことを よくしることが たいせつです。たとえば、「きつおんの はなしかたには どのようなものが あるか」、「きつおんの もんだいには どのようなものが あるか」、「どのような ときに きつおんが でやすくなるのか」、「きつおんの はなしかたを らくに するためには どうすればよいか」などについて しることが、きつおんを かるくするための だいいっぽと なるのです。
  吃音のあるみなさんへのメッセージ3  

5. じぶんで しぶんの おしゃべりを コントロールする ほうほうを みにつけると きつ音が でにくくなります

  • きつおんの ある ひとは、どういうわけか くちや からだを じぶんの おもいどおりに うごかせなくなる ときが あります。そして、そのようなときは きつおんが でやすく なります。そこで、きつおんが でてくるのを すくなくするには、じぶんで じぶんの おしゃべりを コンロトールする ほうほうを まなんで、からだを おもいどおりに うごかせなくなることを すくなくしていくことが 効果的(こうかてき)です。
  • ことばのきょうしつや 言語聴覚士(げんごちょうかくし)の せんせいは、あなたが、じぶんの おしゃべりを コントロールするほうほうを おしえてくれたり、いろいろな アドバイスや れんしゅうを してくれたりすると おもいます。
 

6. はなす ばめんを できるだけ さけないで いろいろと ちょうせんすることも たいせつです

  • まいにちの せいかつの さまざまな おはなしの ばめんを できるだけ さけないで いろいろと ちょうせんすることも、きつ音を かるくしていくための 効果的(こうかてき)な ほうほうです。たとえば、じゅぎょうの 発表はっぴょう、にっちょくや かかりかつどう・いいんかいなどでのはっぴょう、おともだちや せんせいとの おしゃべりなどです。はなす ばめんを さけないで いろいろと ちょうせんすると、うまく しゃべれなくて はずかしい おもいをしたり、おちこんでしまったりすることも あると おもいます。でも、ぎゃくに、はなしてみることで、おもっていたほどは たいへんでなかったり、はなすことに じしんを もてたりすることも あるでしょう。
  • まずは、きのうまで はなすことを さけていたこと 1つだけ ちょうせんするところから はじめていけば よいのではないかと おもいます。たとえ 1つだけも、これまで さけてきたことに ちょうせんするには おおきな ゆうきが いると おもいます。でも、そのゆうきを だすことが、みなさんの きつおんを かるくするための おおきな いっぽとなるのです。
  吃音のある皆さんへのメッセージ4

7. じぶんの きつおんのことを ほかの ひとに はなしてみましょう

  • 「じぶんの きつおんのことを ほかの ひとに はなしてみよう」という メッセージを よんで、「そんなこと、できっこない」、「ぜったいむり」などと かんじた ひとも いるのでは ないかと おもいます。
  • しかし、きつおんがある おとなの ひとに はなしを きくと、これまで じぶんの なかだけで かかえてきた きつおんの なやみや つらい おもいを、ほかの ひとに はなすと、きもちが ふーっと らくに なったと はなす ひとが たくさんいます。また、じぶんの だいじな ひと(おかあさん、おとうさんなど みなさんを だいじに そだてて くれているひと、がっこうの せんせい、おともだちなど)に、きつおんの ことを しってもらえると、ことばが でにくい ときに ゆっくりと まってくれたり、きつおんが でても 気きにしないで きいて もらえたりするように なるという よい ところも あります。
  • まずは、あなたの はなしを きちんと きいてくれそうな かぞくのひとや がっこうの せんせい、ともだち などに、きつおんに ついての なやみを はなしてみては いかがでしょうか。ことばのきょうしつや 言語聴覚士(げんごちょうかくし)の せんせいに はなしてみるのも、よい ほうほうだと おもいます。あなたの はなしを しんけんに きいて、いっしょに なやんだり、たすけて くれたりする ひとが きっと いると おもいます。