吃音のある中高生のつどい2015 第3回開催のご案内(開催日が変更になりました)

20150508

 

吃音のある中高生のつどい2015 第3回を以下の日程で開催いたします。第3回は、当初の予定では、10月30日(金)に予定していましたが、諸般の事情により、11月27日(金)に日程を変更して行います。急な日程の変更でご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

 

参加された皆様にとって、有意義な会となるよう、準備をしていきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

 

続きを読む

社会福祉法人 長野市社会事業協会 児童発達支援センター にじいろキッズらいふ様主催「吃音について考える中高生と保護者の集い」のご案内

20151114tsudoi

 

社会福祉法人 長野市社会事業協会 児童発達支援センター にじいろキッズらいふ 様より、以下のご案内をいただきました。吃音のある中高生とその保護者の方を対象としたつどいのご案内です。

 

******

 吃音のある青年にとって、中高生年代は、小学校ことばの教室など公的な支援システムの対象外となり、かつ、思春期とも呼ばれる青年期前半の心理的不安定期を、吃音と付き合いながら乗り切らなければならない、極めて困難な時期と言うことができます。

 

このように、既に青年期に足を踏み入れているが、成人とは違った課題に当面しつつ、吃音と付き合いながら生きている本人、または、その保護者が、中高生年代を適応的に乗り切るための心がまえや対策を考える場として、この学習会を設定します。
当事者の中高生とその保護者の皆様、どうぞお気軽にご参加ください。また、言語聴覚士やことばの教室の先生方、ちらしなどでこの会のことを、関係者の皆様にご紹介ください。

 

  • 対象
    • 吃音のある中高生年代(およそ12~18歳)の青年(本人)、または、その保護者
      ※ 両方でも、どちらか片方でも、参加を受け付けます。本人だけでの参加の場合、会場への往復の交通手段など、保護者の方が責任を持ってご配慮いただきますようお願いいたします。
  • 日時
    • 平成27年11月14日(土) 10:00~12:00
  • 場所
    • 長野県千曲市立屋代小学校(長野県千曲市大字屋代2111)
  • 内容
    • メインテーマ
      • 吃音とどう付き合いながら青年期を過ごすか
        • 日々当面する課題の解決を話題にするとともに、今後の具体策につながる情報提供を行った上で、吃音中高生の自助グループの立ち上げも視野に入れながら話し合います。
    • (1) 本人向けのプログラム <本人分科会>
      • サブテーマ1
        • 正しく理解し友と支え合おう ※ 話すことは強要されません。
      • コーディネーター
        • 長野県稲荷山養護学校 教育相談 万年 康男 先生
      • 助言者
        • 長野吃音行動臨床心理学研究所 伊藤 定衛 先生
          • 中高生年代は、吃音と付き合いながら生きる青年にとって、孤独に陥りやすい極めて困難な時期です。ここでは、正しい理解のための情報と、仲間との出会いの場を提供します。
    • (2) 保護者向けのプログラム <保護者分科会>
      • サブテーマ2
        • 青年期の心の歩みを支える ~親としてできること~
      • コーディネーター
        • 上田市立南小学校 ことばの教室 瀬志本 進 先生
      • 助言者
        • 東御市民病院 リハビリテーション科 餅田 亜希子 先生
          • 中高生年代の青年は、ただでさえ心理的不安定期を生きていますが、そこに吃音が加わることで、更に困難が生じやすいと考えられます。ここでは、その状況をどう支えるかを、主な話題にします。
  • その他
    • この会は、長野県域の療育支援事業として実施しますが、当日、会場においでいただける方であれば、長野県域(長野市、千曲市はじめ、善光寺平一円の9市町村)以外の方でも、ご参加いただけます。
  • 主催
    • 社会福祉法人 長野市社会事業協会 児童発達支援センター にじいろキッズらいふ
  • 連絡先
    • 〒380-0928 長野市若里6丁目6番14号
    • TEL. 026-219-3781 FAX. 026-223-6011
    • Email n.k.life-soudan@nagano-shajikyo.or.jp
    • 担当 本藤(ほんどう)様
  • チラシのダウンロード