「間接法による吃音訓練 自然で無意識的な発話への遡求的アプローチ —環境調整法・年表方式のメンタルリハーサル法—」を読みました

2015-09-20 08.47.55

 

目白大学教授の都筑澄夫先生が編著された「間接法による吃音訓練 自然で無意識的な発話への遡求的アプローチ —環境調整法・年表方式のメンタルリハーサル法—」を読みました。

 

続きを読む

小林宏明・宮本昌子・吉田麻衣(2015)吃音のある小学生の学校生活に関する実態調査(1)先生やクラスメイトなどの態度や対応. 日本特殊教育学会第53回大会抄録集, 99.

  • 日時
    • 2015年9月20日(木)10:00〜12:00
  • 会場
    • 東北大学北川内キャンパス(宮城県仙台市)
  • 発表形態
    • ポスター発表(P11-18)
  • 発表の概要
    • 国際生活機能分類(ICF)に基づく吃音のある小学生の活動・参加及び環境調査用紙作成の一環として、吃音のある小学生を対象に、小学校生活に関する実態調査の第一報として、先生やクラスメイトなどの態度や対応(環境)の結果を報告した。対象は、言語障害通級指導教室や大学、病院で通級指導や教育相談、言語聴覚療法を受けている吃音のある小学生 73 名だった。対象児の中には、学級担任から、しんどいことの相談や発表等のしかたを考えるなどの吃音の困り感に対す る支援を受けている者が比較的多くいた。また、学年が上 がるにつれ、クラスの人に説明(担任)やまね・からかい を注意(クラスメイト)を受ける者が多くなる傾向が見られた。その一方、吃音の話し方の注意、あるいはまねやからかいを受けているものは少なかった。さらに、対象児と の接し方について、最後まで話を聞くとの回答も多かった。これらは、対象児の中に良好な配慮や支援を受けている者 が少なくないことを示唆するものである。ただし、対象児 との接し方については、ゆっくり話すとの回答は少なかったことなどから、今後、吃音のある子どもとの接し方などについての啓発をより進めていく必要があると考えられる。

2015-09-20 09.22.50

2015 横浜市特別支援教育総合センター 特別支援教育専門研修言語障害部問「吃音児の評価と指導」

  • 日時
    • 2015年9月16日(火)14:30〜16:45
  • 会場
    • 横浜市立網島東小学校
  • 講演名
    • 吃音児の評価と指導
  • 講演の概要
    • 網島東小学校難聴言語通級指導教室の吃音のある児童のグループ指導の実践についての報告を受け、吃音のある子どもの評価と指導・支援について、ICFに基づく子どもの実態把握、グループ指導を実施する際の指導計画立案について、吃音のある子どもの指導・支援の最近の動向について、解説した。

第7回 吃音キャンプ IN GUNMA のご案内

20150902

 

 

群馬県渋川市古巻小学校通級指導教室の佐藤雅次先生より、2015年11月7日(土)〜8日(日)に国立赤城青少年交流の家で開催される「第7回吃音キャンプ IN GUNMA」のご案内をいただきました。

 

続きを読む

日本吃音・流暢性障害学会第3回大会に参加しました

20150830_2

 

2015年8月29日(土)・30日(日)に大阪府大阪市の大阪保健医療大学で開催された日本吃音・流暢性障害学会第3回大会に参加しました。

 

続きを読む