2012 新潟県言語聴覚士会研修会講演

  • 日時
    • 2012年8月26日
  • 会場
    • 新潟市総合福祉会館
  • 講演名
    • 吃音の評価と指導
  • 講演の概要
    • 幼児から成人までの吃音がある人の評価と支援の方法について、吃音がある人の評価や支援法を巡る歴史的変遷、「学齢期吃音の指導支援 −ICFに基づいた評価プログラム−」に基づいた、吃音がある人の包括的・総合的評価・指導方法の概要及び実際、事例の紹介などを行った。

2012 十勝地区言語障害児教育研究協議会「講演会」講演

  • 日時
    • 2012年8月23日(木)
  • 会場
    • とかちプラザ視聴覚室(北海道十勝市)
  • 講演名
    • 吃音の理解と支援の実際
  • 講演の概要
    • 幼児期から学齢期を中心に、吃音臨床を行って行く上で必要となると考えられる基本的な知識を最近の研究の知見を踏まえて解説すると共に、学齢期吃音指導支援プログラムや吃音スタディブックを用いた吃音臨床実践についての紹介を行った。

小林宏明・川合紀宗・原由紀・前新直志・見上昌睦・宮本昌子先生(2012)吃音がある子どもの包括的・総合的実態把握検査の開発プロジェクト. 第9回吃音を語る会話題提供.

  • 日時
    • 2012年8月18日(日)
  • 会場
    • 大阪市立総合医療センター(大阪市)
  • 概要
    • 科学研究費補助金による研究プロジェクト「吃音がある幼児・児童・生徒の包括的検査バッテリーの開発」の概要について紹介した。まず、小林から、本研究プロジェクト発足の経緯、プロジェクトの概要について紹介し、その後、今回の作成する3つの検査について、原由紀先生(北里大学)から言語症状検査、川合先生(広島大学)から認知・感情・態度検査、小林から活動参加及び環境検査の概要について説明をした。

2012 第7回北陸教育オーディオロジー研究会 講演

  • 日時
    • 2012年8月10日(金)
  • 会場
    • 福井市地域交流プラザAOSSA
  • 講演名
    • 発声発語の支援法
  • 講演の概要
    • 発声発語のメカニズムや聴覚障害があるお子さんの構音の不明瞭さをもたらす要因、構音の評価法、構音指導の方法等について概説した。また、石川県立ろう学校の先生のご協力を得て、実際にろう学校に在籍するお子さんの構音検査を実施している様子を紹介した。

2012 日本言語障害教育研究会(日言研)第45回大会 講演

  • 日時
    • 2012年8月8日(水)10:30〜12:10
  • 会場
    • 国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟501号室(東京都渋谷区)
  • 講演名
    • 吃音指導の実際
  • 発表者
    • 小林宏明・吉田麻衣
  • 講演の概要
    • 「吃音がある子どもの『指導』ってどんなことをしたらいいの?」「音読指導って必要なの?」「遊びの指導では何を目指しているの?」「グループ指導は行った方がいいの?」など、吃音がある子ども の指導を始めて間もない先生方が抱きやすい疑問や悩みについて、吃音の指導・支援に関する研究動向や、通級指導教室での教育実践報告に基づきながら、参加された先生方と一緒に考えました。
      小林: 吃音の指導・支援に関する最近 の研究動向について概説すると共に、これらを踏まえて作成した学齢児吃音の指導・支援 プログラム(小林,2009;以下、指導・支援プログラム)について紹介しました(担当: 小林)
      通級指導教室で実際に指導・支援プログラムを用いて指導実践を行った経過について報告しました(担当: 吉田)。

20120808