小林宏明(2011)学齢期吃音に対する多面的・包括的アプローチ−わが国への適応を視野に入れて−. 特殊教育学研究, 49, 3, 305-315.

  • 抄録
    • 吃音の言語症状、吃音に対する認識や感情、子どもを取り巻く環境等のさまざまな要因を取り扱う多面的・包括的アプローチについて、(1)多面的・包括的アプローチが開発された背景、(2)現在開発されている多面的・包括的アプローチの概要、(3)日本で行われてる吃音指導支援実践との共通性、について検討した。その結果、(1)多面的・包括的アプローチ開発の背景には、サブタイプ研究の進展、多面的モデルの提唱、吃音指導支援観や障害観の変化、吃音指導支援方法の近年の動向が関与している、(2)今回取り上げたすべての多面的・包括的アプローチで、吃音の言語症状、吃音に対する認知・感情、子どもを取り巻く環境に対する評価と指導支援の枠組みが用意されている、(3)現在わが国で行われている吃音の指導支援実践報告との共通性が高い、ことが示された。最後に、今後の展望について、おもにわが国における多面的・包括的アプローチの適応という観点から考察を加えた。

特殊教育学研究に研究時評「学齢期吃音に対する多面的・包括的アプローチ −わが国への適応を視野に入れて−」が掲載されました。

特殊教育学研究第49巻3号に研究時評「学齢期吃音に対する多面的・包括的アプローチ−わが国への適応を視野に入れて−」が掲載されました。この論文は、近年の吃音臨床の一つの大きな流れである多面的・包括的アプローチ(Multidimensional and Comprehensive Approach)について、学齢期に焦点を絞り、その背景要因や概要を整理しました。そして、このアプローチが既にわが国で行われている吃音教育実践と共通性が高いアプローチであることを指摘し、最後に今後の展望について、おもにわが国における多面的・包括的アプローチの適応という観点から考察を加えました。

 

続きを読む

居心地が良い方が吃音が出る?

吃音の教育相談をしていると、保護者の方から「この子は、学校よりも、家の方がよくどもっているようなんですが、この子にとって家の方が学校よりも居心地が悪いのでしょうか」という質問を良くいただきます。また、言友会の例会などで、吃音がある人のお話しを伺うと、「私は、家で家族と過ごしている時に一番吃音が出やすい」とおっしゃる方が少なくありません。このような方達は、本来一番リラックスできる筈の家の居心地が、学校や職場よりも悪いのでしょうか?

 

続きを読む

Healey教授講演会「CALMSモデルによる吃音のアセスメントと臨床」講演会に参加しました

福岡県宗像市にある福岡教育大学附属教育実践総合センターで開催された、アメリカネブラスカ大学リンカーン校教授のDr. Charles Healey教授による「CALMSモデルによる吃音のアセスメントと臨床」というタイトルの講演会に参加しました。

 

続きを読む