吃音ってどのようなもの?

吃音ってどのようなもの

「吃音=話し方の問題」?

 
  • 吃音ということばを辞書で引くと、次のように説明されています。
    • 「話しことばを発する時、第一音や途中の音が詰まったり、同じ音を何度も繰り返したり、音を引き伸ばしたりして、流暢に話すことが出来ない状態」 (松村明編, 1999, 大辞林.第2版. 三省堂)
 
  • このように、吃音の問題は、「ことばがうまく話せない」問題と、一般的には、考えられています。しかし、私は、吃音の問題は、単に「ことばがうまく話せない」ことだけにあるわけではないと考えています。

私の考える吃音の問題

 
  • 私は、吃音の問題を次のように考えています。
 
  • 吃音とは・・・
    • ことばがどもって
    • 困ること
 
  • 「ことばがどもって」とは、以下のような状態をいいます。
    • 音を繰り返す(「ぼ、ぼ、ぼく」)
    • 伸ばす(「ぼーーーく」)
    • つまって出てこない(「・・・ぼく」)
 
  • 困ることとは、以下のような状態をいいます。
    • 恥ずかしい思いをする
    • 言いたいことが言えずにいらいらする
    • 周囲からのからかいや特別視
    • 緊張したり、不安になったりする
    • 話すことを避けてしまう
    • 就職や結婚の問題
    • 落ち込んだり、自信がなくなったりする……
 
  • 私は、吃音の問題の大きさは、主に(2)の状態によって決まると考えています。つまり、仮に(1)の状態がとても多く見られたとしても(2)の問題がない(つまり、吃っていても、困っていないの)のであれば、吃音の問題は大きくはなりません。また、(1)の問題があまり見られなくても(2)の問題が大きい(つまり、あまり吃ってはいないが、吃音のことをとても気にして困っている)のであれば、吃音の問題は大きいということになります。

ウェンデル・ジョンソンの吃音問題の立方体モデル

 
  • ウェンデル・ジョンソンというアメリカの研究者は、吃音問題を、立方体の体積で表す試みを行っています。この立方体は、次にあげる3辺の大きさをかけ合わせたものになります(図1)。
    • X軸 : 吃音の言語症状
    • Y軸 : Xに対する周囲の反応
    • Z軸 : XやYに対する吃音がある人本人の反応
 
図1

図1

 
  • このモデルに基づいて吃音問題を考えると、例えば、次のような吃音問題もありうることになります。
    • 例1 : 吃音の言語症状(X軸)はそれほど大きくはないが、周囲の反応(Y軸)が大きいもの(図2)
    • 例2 : 吃音の言語症状(X軸)、周囲の反応(Y軸)はそれほど大きくないが、本人の反応(Z軸)が大きいもの(図3)
    • 例3 : 吃音の言語症状は大きいが、周囲の反応(Y軸)や本人の反応(Z軸)はそれほど大きくないもの(図4)
 
図2

図2

 
  • 図3

    図3

     
    図4

    図4